新しいiPadを買ったよ。ペンの感じも最高!

なんて報告があったのはしばらく前であった。
仕事の合間にふと立ち寄りその可能性を試してみた。
私が使ってるiPadより少しスリムだか液晶部分は同じサイズ。当然厚みも違う。

で、そのiPadの持ち主は噂の”真っ白いペン”を取り出す。
「おーーー!イイね」
液晶の上をスラスラと走らすペン先に完璧についてくる筆跡。自由にペンを走らせるが何の違和感もない。
筆の持ち手が遠い私にはもってこいの書き味。

でも、これが何を助けてくれるのかはそれぞれの課題次第だ。
色々なアイディアや企画をこれに書き連ねるとそのままiPadに記憶される。
みたいとき、修正したいときサッと取り出して作業できる。
クライアントとの会話とメモが見をすぐに記録できる。いわば卓上ホワイトボードみたいな使い方もできる。

でも、現実は機能拡張に興味が移るため作業をしては機能拡張をググる、そしてまた作業に戻るが新しい機能拡張を試みる。
その結果、生産性は著しく低下する・・・。

まさに、「新しいデバイスを買うと自分が必要とする機能拡張を一通り済まさないと仕事は進まないの法則」である。

で、そのiPadの横にはおなじみのB4のProjectPaper(レポート用紙)とペンがある。これがなんといっても「戻る場所」としての道具である。

どんな新しいデバイスが出ようともこの「紙とペン」は必須である。
そしていろんなものを試してはここに戻ってくる。
業務に追われているときは新しいデバイスを試している暇はない。必要なアイディアをとにかく紙に記し自分の知恵をその紙面上で整理しまとめなければならない。B4で収まらなければ紙を継ぎ足し拡張していく。自分の視野に収まる範囲でその全容を眺めそこから断捨離を始め最後にはA4ほどの企画になる。

手帳なのかクラウドスケジュールアプリなのかを以前に記述したがこれも同様である。

小さいときから何かを学んだり考えを整理したり絵を書いたり人とコミュニケーションする場合はほとんど「紙とペン」で行ってきた。なので今でも学んだり考えを整理したりすることは「紙とペン」で行う。

しかしながら、現代の子どもたちは色々なデバイスで読み書きを覚え学び、グラフィックを楽しむ。そんな世代は考えを整理したりアイディアをまとめるときはすべてiPadのようなデバイスで完結できるのかもしれない。

本日主役のiPadPROの持ち主とそんな会話を楽しんできた。
私達は「紙とペン」世代なのだ・・・。

I have a pen.
I have a paper.
a—n paper & pen.
I have a pen.
I have an APPLE Device.
a—n iPad & Apple pen.

Paper & pen.
iPad & Apple pen.
a—n Paper Pen iPad Apple Pen.

まさにPPAPだな。

ppap