店長業務は増え続ける

DE-2-6

私も随分前のことになるが店長として働いていたことがある。

しかし、その頃は携帯電話もそんな普及してなく連絡は固定電話だったし、社内イントラネットでメールやお知らせを確認する程度であった。

なのでスマホもなければSNSもない。
店舗が自分で情報発信する場合はチラシやポスターが主流でありあとはクチコミのみである。ということでリアルで囁かれる評判が何よりも手っ取り早かった。

さて、そんな時代の店長はもっぱら部下と業務の管理、率先垂範としてリーダーシップの発揮などである。

でも、今の店長はブログの更新、Twitterの発信などWeb業務も盛りだくさんである。
その分何かの業務が軽減されたかというとそれはない。

なのでせめてデータ管理と共有に関してはシステム化を進めたいものである。

さて、このWeb業務は個人のスキルが大きく影響する。
それは文書力であるが、ビジネスシーンで鍛える文書力とは少しちがう。

口語体、文語体が混ざり合い絵文字と擬音を添えて感情も表現することが要求される。

あの頃、このシステムがあれば店長としての私の評価はさらに上がっていたに違いない。

惜しい…。
と、勝手に思うのであった。