【奇跡・奇蹟】きせき
常識では起こるとは考えられないような、不思議な出来事。特に、神などが示す思いがけない力の働き。また、それが起こった場所。

さて、また一つみんなが願う奇跡が断たれた。
結果としては叶わなかったがその中のプロセスでは、一つの奇跡を願う思いが多くの奇跡を誘発しただろうと思う。

人は思いがけず時々大病を患いその恐怖と対峙する。その後生還するものとそうでないものとに分かれる。
その中で自分の人生を振り返りいろんなものを棚卸する。そして新しい価値観で病中、病後を過ごす。

その体験は貴重なものではあり多くの人と共有することは難しい。それはギリギリの体験の中でしか感じることしかできないからである。

でも、世の中全体から見るとそんな奇跡はいろんな所で日常的におきている。でも、本当の奇跡はなかなか叶わない。よってトータルしてみると奇跡は時々おこらない。そのことがクローズアップされ深く脳裏に刻まれる。
また一つ脳裏に刻まれる叶わなかった奇跡の記憶が増えた。

ご冥福をお祈りします。