目論む男たち

長年お世話になっているゲーム機販売の方といろいろなお話をさせてもらったがこの景況の中、アイディアは満載であった。AM業界では最も景況を受けるはずの業種であるがそんなことはお構いなしでせっせといろんなことに挑戦中である。アイディアはどんな時でも勇気を与えてくれる。さて、その内容をお伝えすることは出来ないですがAM業界は苦境の中で新しい人達が新しい価値を創造しようとしている。

その反面、旧態の中でなかなか前に進めなくなっている方も多い。私はこれまで多くの業界の方と仕事を通じて付き合ってきたがその分かれ目に来ていることを感じる。

市場と経済は誰の都合はお構いなしに変化する。よって事業者はその変化に対応することが必須の条件である。それは儲かっている時もそうでない時もである。よくガラパゴスのイグアナに例えられる。そしてその話題は数年前に色んな所で話題となりみんなの共通テーマになったが最近はあまり聞こえてこない。

「変われた」もしくは「買われた」・・・私はどちらの「カワレタ」も経験してきた。その時のメンタルを支えたものはアイディアという前に向かった思考である。当面市場はどう想像しても良くならないことは明白である。だからそれを踏まえて新しいアイディアを創造しなければならない。それは小回りの効くサービスの幕開けでも有る。