ミーティングと称したお茶会を巨大SCで実施。

IMG_6802

(※画像はレイクタウンのパノラマ撮影。写真の右から左までがひとつのSCだからすごい!)

久々に訪れた「超大型SCのレイクタウン」は装いも新たに午前中から賑わっていた。見慣れた風景は一新されなんとなくグレードが上がった感じ。そう、先週訪れたSCに近い感じがした。

さて、いつものごとくスタバの一角で実施したミーティングは難しい内容も多かったが話はスムーズに進んだ。血気盛んな若人からいろんなことを刺激され充実した時間であった。

ミーティングを終えて久しぶりに来たレイクタウンを軽く一周りし自分の記憶と照らし合わせながら回遊してみたが以外に自分の記憶があてにならないことを痛感した。なのでよく利用した店舗を重点に見て回ったがそこには大きな変化がないので「驚きはない」。さて私の記憶とはほんとにいい加減なものである。しかしながら私という人間はその記憶というベータベースに基づき行動しているのでさらに不可解なことが多いことだろう。よってリニューアルを実施する方はその変化を演出することに大変な苦労が有るのだろう。

そんなこんなで巨大SCをカフェとして利用した私は帰路につき駐車場から車を出し少し走ったところでふと目に入ってきた新しい店舗に吸い込まれていった。

IMG_6803

久しぶりに来ると周辺も変化している。

これはおなじみとなった株式会社ゲオホールディングス が運営する「セカンドストリート」(REUSE SHOP)である。

一旦通り過ぎたが車を回して店内を散策してみた。

さっきまで数えきれないほどの商品に囲まれたSCにいたのだがこのお店に入って感じたことは「何か欲しいものはないかな?」と探している自分に気づく。では先ほどのSCで私は何をしていたのかというと本当に「カフェ」として利用していたということだったのかと自分を振り返る。

店内には日用品、電化製品、楽器に古着、アクセサリー・・・などなどが展示されている。

私は迷わず楽器のコーナーに並んでいるギターを眺める。で、そこに有る「GIBSONレスポール」に目を奪われる。程度の良さそうなその逸品が40,000円台で展示されていたので思わず・・・

で、その後もくるくる店内を回って思ったのが

「欲しい商品であれば中古だろうと新品だろうとその程度と価格のバランスがとれていればどちらでもいい」という一つの「価値観」である。

これは、インターネットの「オークション」や「ショッピングサイト」をサーフィンすることで自然形成されたものであり絶対の価値観とは別に「相対としての価格と自分価値のバランス」である。

 

やはり出歩いてみると多くの発見ができる。

それにしても今日は暑い・・・。15時の気温28℃って・・・。