Welcome to

森永思考造形事務所

Posts By: 森永正則

共有システムを使うのがうまいんじゃなくてモノゴトを共有することが上手い人

時にリーダーでもなんでもない人がそのシステムの使い方だけでヒーローになる場面がある。 それは、その人のこと共有能力が発揮された時に起こる。 この「共有能力」は「世代間」で大きく異なる。 なので、あるシステムを入れることで […]

Read More

あなたが必要として誰かは必要としないもの。

何かを作り始める。 その時、誰かのオーダーの場合と自分が必要とするものに分かれる。 例えば仕事を簡単にしてくれるExcelのマクロやピポットテーブル。 これらは自分の業務生産性を向上してくれる。 さらに、集計精度も上げて […]

Read More

誰が何をしたいかは聞いてみないと分からない

「何か質問はありますか」 から、全てが始まるわけでこの言葉は締めの言葉ではない。 だから、この言葉はなるべく早いタイミングで投げかけてみる。 でも、簡単に相手は心を開いてくれないので気持ちがほぐれたぐらいでこの言葉を投げ […]

Read More

「もっと企画書はシンプルに表現してくれない?」について

本来なら、読んだだけでわかる企画書が良いに決まっている。 でも、世の中はそううまくいかない。。。 「もっと企画書はシンプルに表現してくれない?」 なんて上司に言われたことはないだろうか? 「君の企画書はゴチャゴチャしすぎ […]

Read More

システム手帳という考具(コウグ)

今更ながらであるがシステム手帳が便利なのである。巷では綴じ手帳が流行っておりハンズやロフトへいてもその手帳のコーナーがデカデカと展開されている。そのためかシステム手帳のラインナップは大変小さくバリエーションも最低限となっ […]

Read More

ダイナミズムを再構築するアミューズメント

もっといろいろな刺激が欲しくなったユーザーと、小さな画面で最大限の可能性を実現したデバイスの進化により、これまでのアミューズメント施設は窮地に立たされている。 一方でそれら周辺産業の技術は飛躍的進化を続ける。その一角にV […]

Read More

犬のSNSとマーキングする人類

犬の散歩に出かけるとあちらこちらにマーキングをして歩く。そこにはその前にマーキングした犬の情報が臭いという物質に変換されアップロードされている。ある人はそれを犬のSNSという。 少し進んではクンクン、また、少し進んではク […]

Read More

都合の悪いことは出したがらぬ

これまである業界の業績一覧(前年推移比較)を2010年からコツコツ集計していた。しかしながら業界トレンドも元気なく低迷気味であり1社、また1社がIRにて公表していた月次推移を辞めていく。 中には、グループを編成し直しよく […]

Read More

エキストラボールの使い方

フリッパーでも、ビンゴでもエキストラボールというルールがある。 これは所定のゲームでボールを使い切り、ゲームオーバーなのだが泣きの追加球を出してゲームを継続させる方法である。 それぞれのゲームでそのエキストラボールの出し […]

Read More

グリコのおまけと森永のおまけ

本屋さんには本が並べられ果物屋さんには果物が陳列されているような時代から複雑にクロスした商品と提案が当たり前になってきた。 ポイントは反乱しアチラコチラで「T」の文字。 でも、いろんなものが便利になって昔よりは買い物も簡 […]

Read More
Return to Top ▲Return to Top ▲