BRAND

 |||

ブランド構築,ブランディング

思考を整理すると

あなたの強さが見えてくる。

 

経営者には、未来志向のビジョンを構想する力、そして、そのビジョンを事業・商品・サービスなどの具体的なカタチとして実現していく力が求められます。まず重要なのはビジョンの構想です。自分たちの「持ち味」、つまり会社らしさ、お店らしさ、製品らしさは何かを特定し、その価値を感じてもらうためのすべての活動を指します。ブランド構築活動はとても広範な領域に渡るので、これをすればブランディングだ、と言えるものがあるわけではありません。企業や商品、お店ごとに、「らしさ」が違うように、ふさわしいブランディングは異なりますし、それによって取るべきマーケティング戦略も異なってきます。

ブランド構築計画には、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のPDCAの4段階を繰り返すことによって、理想の姿に近づいていくことを目指すものです。

企業は「土」ブランドが「木」

企業という大地に伸び上がる樹木はその企業の象徴となります。
何もないところに「ブランド」は存在しません。
よって、ブランドを構築するためその下地を整えることが必要となります。
まずはそこから話を始めましょう。