経営の中にある「思」とあなたの中にある「考」を一つに「造」(しあげ)て「形」にします。

デフオフィスがお届けするコンサルティングは退屈な会議も電話帳のような資料も必要ありません。

CDEM&C-DO

デフオフィスはこれまでにいろいろなビジネスをいろいろな角度から支援してきました。その業績を一言で言うと「コンサルティング」となります。ただしその言葉がデフオフィスを正確に表現するものではありません。
デフオフィスは「情報の整理屋・企画の仕立て屋」としてビジネスサポートを実施している会社です。

 

デフオフィスのフレームは

経済のベースが安定しその中で起きる問題は多くの先人たちが試みた手法を運用することで多くの場合問題を解決することができました。それは、セオリーとして揺るぎない律でした。しかしながら現在はそのセオリーが少し揺らぎはじめています。それは経済ベースそのものが変化したためです。多くの先人たちが残した書物に従い経営の改善する方法を「規格型経営改善」と表現するならばこれからの課題解決は「企画型経営改善」と表現すべきでしょう。

DE-PC

 

 

クラウドシステムとコンサルティング


これまでのコンサルティングで培ったデータマネジメントとデータ管理システムをそのままご案内いたします。

ファイル共有のための「DROP BOX」「One Drive」「GoogleDrive」などなど多くのシステムはクライドシステムの代表的なシステムです。

中でもGoogle」システムは「メール」「スケジュール」と公私で活躍するシステムです。
さて、これらはチームと情報を共有することを便利にしました。しかし運用段階で管理者などが乱立し非常に不適切な運営内容も多く見かけます。
また、スケジュールの共有やワークフロー、掲示板、勤怠管理を内包したグループウエア「Cybozu」もクラウドシステムです。

 

さらに、データベースシステムから生成される一覧表やグラフ表示に特化したクラウドシステム「Kintone」など種類は多岐にわたります。
さて、このクラウドシステムは基本的にインターネットの先にデータをストックする仕組みであり端末にはデータがないのが特徴です。
また、アップロードされたデータをチームで閲覧共有するためコピーファイルの山ができることはなく、常に最新オリジナルデータを共有する事ができます。なので「これコピーだっけ・・・」という心配もなくなります。
セキュリティーの側面でも昔は心配されましたが現在においてはパソコンやドライブにデータを入れて持ち歩くことのほうが危険とされています。

最後にこれらのシステムはのパソコンやスマートフォン・タブレットPCなどほとんどのデバイスに対応しOS(WINDOWS、MAC、Android)にも基本的には依存することなく操作できるので大変便利です。
そして、そんな便利なシステムは大企業が巨大投資して利用するシステムではなく、月々数百円〜数千円(ID費用)から利用できるので使わない手はないです。
これらシステムはきっとあなたのビジネスパートナーとして活躍するはずです。

CD&

 

クラウドって難しそうだし、パソコンはそんなに詳しくないし・・・

そんな事業者さん悩んでないでご相談ください。

 ※パソコンは詳しくないけどスマホはバリバリ使ってる方なら明日からクラウドマスターに・・・

 

 

経営における
クラウドの有効活用

(BI:ビジネス・インテリジェンス)


毎日の業務でドンドン積み上がる各種データを、蓄積・分析・加工してスピーディーに活用出来ないかな?
経営者さんや社員さんが必要な情報を自在に分析し、経営計画や事業戦略などに活用出来る方法はないかな?
といってもシステムに強いスタッフはいないから簡単に使えるものがいいな。。。

DE-BI

 

あなたの経営状態に沿ったBIの構築

そもそも経営は流動的です。よって基本的な経営管理数値とは別にスポット的に管理したいデータや常に変動する経営数値がありそれをうまく捉えることで事業収益を安定化させることが出来ます。

「市場は変動し自社のポテンシャルも変動する。」

なので、経営管理数値も場面場面でフォーカスを変化させることが必要です。
あなたの経営とクラウドの関係を整理してみませんか?

 

 

クラウドDE
マネジメント


FLY-MGR

飛び回るマネージャーがクラウドシステムを利用して事業を管理する。

会社でクラウドシステムを利用する場合は会社の情報管理規程に基づき情報管理組織に多くを依存します。
しかしながら小規模事業者の場合にはそのような組織もなく管理者がいない場合が多いです。でも、営業担当やスタッフ、店長、マネージャーは会社規模に関係なく必要です。

先ほど記述したとおりクラウドシステムはインターネットの先にある情報をみんなで共有するシステムです。
飛び回るマネージャーがデータを見たい時会社へ戻らなければ見ることが出来ない。各支店の情報は各支店が報告してくるまで状況を把握できない。
それは、コンサルティング業務を進捗する私達も同じでした。私達は電話帳ほどの機密資料とデータをパソコンに詰めて飛行機、新幹線でクライアントのもとへ移動していました。

しかし現在の出張は小さなバッグででかけることができるようになりました。もちろん持ち歩いている情報は昔以上にあります。
電車、空港、新幹線など私のいる場所が仕事場でありインターネットと電源があればどこからでも情報へアクセスできます。
私達は移動時間や打合せ前後の隙間の時間などを上手に利用することで生産性を向上させました。

 

クラウドDE
コンサルティング


クラウドバナー1

もっとタイムリーに!もっとスピーディーなコンサルティングとは?

私達はこれらのシステムを駆使しこれまで以上のビジネスサポートを実現しております。
低迷する経済の中で緻密な情報収集と分析、情報共有と実務者との綿密な打合せ・・・仕事に次から次へと湧いて出てきます。

思いついた時、アイディアが閃いた時にすぐにアクセスし情報を共有。

私達のコンサルティングは「時間・距離」という物理的な制約をこえ自由なフィールドを手に入れました。
それは大きくコストを削減することに役立っています。

私達のコンサルティングをクラウドシステムで体験してみませんか?

当然、定期訪問は必要となりますが時間調整が難しい時などはSkypeなどでミーティングをすすめることも可能です。
このようにクラウドシステムの進化はコンサルタント自身のビジネススタイルも変化させています。

 

デフオフィスのコンサルティングは、
忙しくなるけど仕事は楽しくなります。